タケプロンは市販薬として手に入るの?

タケプロンは市販薬としては購入できない

タケプロンはなぜ市販薬として購入できないのでしょうか。

 

タケプロンは法律で規制されている

タケプロンを一般販売することは法律で禁止されています。そのため、市販薬としての販売はできませんから、もしもタケプロンを売っているのを見かけたとしても絶対に買わないようにして下さい。間違いなく違法ですし、偽物の可能性も高いです。

 

タケプロンを販売していいのは都道府県知事から許可を得たごく一部の業者だけです。その業者がタケプロンを卸しているのは医療関係者のみとなります。一般のお店で購入することはできないのです。

 

タケプロンがどうしても必要となるような症状で苦しんでいるのであれば、まずは病院へ行き診察してもらうのが一番です。間違いなく安全にタケプロンを処方してもらえますし、タケプロンが必要でなかったとしてもきちんとした処置とアドバイスをもらえるでしょう。

 

とはいえ、病院に行くにはお金も時間のかかりますので、なんとか手間をかけずに安く手に入れる方法はないでしょうか。

 

タケプロンを安く手に入れる最後の手段は個人輸入代行

日本で一般販売されていない医薬品を安く手に入れる手段として個人輸入代行があります。聞いた事があるという人もいるかもしれませんが、国内販売されていない薬品を手に入れる手段としては比較的ポピュラーなものとなります。

 

海外では市販されているけれども日本国内では流通していない医薬品は個人輸入代行での入手が可能です。タケプロンはこの方法により比較的簡単に手に入れることができるのです。

 

個人輸入代行を利用すれば、わざわざ病院へ行かなくても済みますので時間はかかりませんし診察代も払わなくて済みます。その上、ネット通販感覚で買えるので簡単です。その上、ジェネリック医薬品を選択すれば、病院で処方してもらうよりも薬代自体をかなり安くすることができます。

 

輸入代行という仕組みを初めて聞いた方はどこの業者を使えばいいかよくわからない方も多いとお思います。そこで、価格に焦点をあてて、おすすめ業者を紹介しようと思いますので、ぜひ参考にしてください。

 

※タケプロンジェネリック30mg(28錠入り)1錠あたりの値段です

  1錠価格 送料 ショップ 詳細
77.7円(一番安い!) 無料 オオサカ堂 詳細
83.5円 無料 アイドラッグストア 詳細
96.4円 無料 TOP 詳細

↑こちらの価格は1箱ずつで買った場合の価格です。薬は必ずしも万人に効くものではありませんから、初回で大量に買うのは避けましょう。ですが、気に入ったということであれば話は別です。大量購入すれば安くあがりますので薬品代を更に下げることができますので、この点を忘れないようにして次回購入時に生かしてください。

 

 

もし、タケプロンのことについてしっかり知ってから通販したい、という場合は、以下のサイトを見てみてください。

 

→ タケプロンのジェネリックを安く通販する方法は?

 

↑のサイトでは、タケプロンの具体的な通販方法だけでなく、効果や副作用などさまざまな部分をきっちり解説しています。「タケプロン効果」で検索すると上位にヒットするサイトなので、内容はしっかりしています。一度見てみてください。

 

タケプロン以外を個人輸入する際の注意点

タケプロンは規制が比較的緩い薬品ですので個人輸入代行による入手が可能です。しかし、中には規制のきついものがあり、一部の睡眠薬は個人輸入での入手が違法となります。今ではそういった違法な個人輸入代行は厳しく監視されているのでそもそも購入自体が不可能ですが、念のため睡眠薬を個人輸入代行で購入する際には気をつけるようにしましょう。

 

タケプロンはこういう薬

胃酸は胃から分泌され、胃に侵入する細菌を死滅させる効果がありますが、胃壁が弱ってきますと、この胃酸自体が胃の粘膜を傷つけ、胃潰瘍の原因になります。時に胃酸が逆流する事もあり、それで食道を傷つけて胸焼けを起こしたりします。

 

この胃酸の分泌を抑える薬が「タケプロン」で、消化性潰瘍や逆流性食道炎の治療に最も使われる薬剤です。主成分はランソプラゾール。また、タケプロンはピロリ菌除菌にも補助的に使われますが、胃酸の分泌を抑て胃の酸性度を下げる事で、抗生物質の殺菌効果を上げます。

 

胃痛・胃潰瘍は原因菌がピロリ菌ですので、この理由から胃痛にも処方されます。保険診療では十二指腸潰瘍は6週間、逆流性食道炎は8週間の投与制限がありますので、長期服用する場合は途中で他の薬剤に切り替えます。タケプロンは1錠「15mg」「30mg」の2種類があり、また症状により1日1錠か2錠かを指定されます。通常朝食前が良いとされます。

 

副作用には頻度は低い(約2%)ですが、肝機能値異常、下痢や軟便、頭痛や眠気の誘発などがあります。極めて稀にアナフィラキシーショックが起こる事があり、この場合は一刻を争うので救急車を呼ばなければなりません。